ガーデニングの花

積極的に手入れをする

芝生は、厄介な植物です。なぜなら、どんなに芝生を刈っても生えてくるからです。そのため、何度も手入れを行わなくてはなりません。あまりにも大変なので、めんどくさくなってし合う場合もあります。その場合は業者に頼みましょう。

専門業者とポイント

芝生の手入れをするにはポイントを抑えることが大事です。それは肥料や除草剤などをつかって毎日手入れを行うと、刈払い機を使って刈る必要もなくなりますし、業者に依頼する必要もなくなります。

高齢化社会の現代

芝生を張り替えたり手入れをしたりなどは専門業者や便利屋さんなどが行なっています。それは、高齢化社会が進んでいる現代にとってはありがたいことです。特に高齢者の中には、自分で動けない人もいます。

刈払い機

職人技で剪定してもらうならこちらにご連絡を。荒れている庭もこれでスッキリすることができますよ!

草刈りや草むしりをするのが面倒というアナタ!その面倒はプロに任せてみませんか。相見積りも歓迎の適正価格で草刈りします。

刈払い機の種類

草刈りは自分の手で行うことが出来ますが、大変体力を使うため、腰に負担がかかるおそれがあります。そこで、草刈りの機器に頼りましょう。それが刈払い機です。刈払い機はエンジンを入れて草を刈るものと電動式のものがあります。最近では、充電してから行える刈払い機が販売されています。しかし、まだエンジン式の刈払い機が人気です。また電気を使う刈払い機は、一般家庭でよく使用されています。狭い庭で草を刈ることしか出来ません。なぜなら、庭には芝生程度の草しか生えていないからです。しっかり生えた雑草をかる場合は、エンジン式の刈払い機を使うことが大切です。しかし、エンジン式の刈払い機を使うのに抵抗を感じる場合は、鎌を使って手動で草を処理しましょう。

刈払い機のタイプ

刈払い機は、地面によって使いやすいタイプが違います。斜面の草を刈る場合は、両手で持つタイプの、刈払い機を選びましょう。しかし、平坦地の草をかる場合にはむいていません。なぜなら、力が全くいらない分つかれやすいからです。斜面の草刈りには、ループハンドルやUハンドルの刈払い機を選ぶようにしましょう。また、エンジン式の刈払い機には、4ストロークエンジンと2ストロークエンジンがあります。一般的に使用されているのは、2ストロークエンジンです。4ストロークエンジンは、環境に優しいつくりになっているため、構造が複雑になっている分重いです。エンジンのパワーは、2ストロークエンジンのほうが非常に強いです。しかし、2ストロークエンジンは排気ガスの臭いが酷いので、気になる方は、4ストロークエンジンの方を選びましょう。